クライアントに接する範囲を決める

Date: 31 12月 2012

お客様(クライアント)との
コミュニケーションの範囲を決定することは、
とても大事な事です。

これらのことがうまくいくようになるのは、
とても大事な所が含まれています。

お客様とのコミュニケーションのバランスに失敗すると、
いい接客業ができません。

なぜなら、自分の心の範囲を侵されるわけで、
心のバランスをなくしてしまうこととなります。

もしも、そのような心の状態になってしまうことで、
どのような悪影響があるのかを考えてみるといいでしょう。

NLPでは、心を扱いますが、
NLPを学んだ事で、ストレスマネジメントが、
とてもうまくなりました。

これまでは、いい結果を持つことができなかった事でも、
お客様とのバランスをうまく取れるようになることで、
それらのことに気づくことができるようになりました。

それは、とても大事な事かもしれませんが、
それ以上の事を学ぶことができるようになってくるものです。


ストレスがたまると、お客様への良い対応ができないことも
一つの理由として挙げることができますが、
それ以上に大事な事は、自分の心のバランスが崩れてしまうことです。

お客様への接客が好きで、仕事をされている方が多いかと思いますが、
それ以上に大事な事があります。

それは、自分の心のバランスです。


NLPを学ぶことで、ストレスマネジメントを行うことが、
容易となります。

NLPを学ぶ事で心のバランスを保ち、
良い接客をするために、NLPを学ぶ事をお勧めします。




接客業という職業の特徴は?

Date: 29 10月 2012


接客業とは、人とのふれあいがとても多いものです。
そして、人の中で起こっていることに意識を向けることも、
多いものです。

この心の中で起こっている事を知ることができなければ、
接客業は務まらないでしょう。

お客様は、特には理不尽な事をいいます。
このことについても、お客様の心の中でおこぅている事を
よく観察することができなければ、いい結果を起こすことはできません。

だからこそ、その点について、色々と考えてみるといいでしょう。


接客業で大事な事とは、お客様の心の状態を観察することです。
それは、コミュニケーションの一つといってもいいのではないかと思います。

この違いに気づくことが出来れば、
これまでにはなかったコミュニケーションができます。

例えば、嫌なお客様がいたとして、
そのお客様からのコミュニケーションを真っ向から受けていたら、
ストレスを抱えてしまうだけです。

しかし、そのお客様の意図をしっかりと汲み取ることで、
その人とのコミュニケーションを円滑にする事ができます。

このコミュニケーションの違いについて知ることが出来れば、
ストレスがたまることも減ります。


このような嫌なお客様は、基本的に日常の生活がうまくいっておりません。
だからこそ、立場的に弱い人へ、精神的な圧力をかけるのです。

これは、とても困難な事です。


しかし、このようなお客様の現実を直視しないと、
いい結果を起こすことができません。

とても大事なことです。


それをNLPを学ぶことで解決へと導くことができます。

お客様の心の状態を学ぶことができるのです。

ラポール構築を妨げるものは?

Date: 1 9月 2012

ラポールの構築を妨げるものとは、どのようなものでしょうか。

それは、人と人の違いです。

この人と人の違いを知ることが出来れば、
いいのです。

ココで言うところの違いとは、
人とは、どのような人であっても、
大きな違いがあるものだということです。


どれだけ気が合う人であっても、
自分と他者は違うものです。

このポジションに立って、コミュニケーションを取れないと、
いい結果を持つことができないことでしょう。

例えば、NLPでは相手の反応がコミュニケーションの成果、
という言葉があります。

この言葉を知ることで、
多くのことに気づくことができることでしょう。


こちらがよかれと思って起こっていることでも、
相手の反応しだいで、その結果は大きく変わってくるものです。

このNLPの法則性に気づかないと、
いいコミュニケーションが取れないだけではなく、
失敗のコミュニケーションを起こしてしまうことでしょう。

このコミュニケーションをうまく使うことができることで、
これまでにはなかった結果を作り出すことができることでしょう。


NLPを学ぶことで、そのような事に気づくことが出来るようになります。
その違いは、とても大きなものです。

なぜなら、相手の立場に立って会話ができないことでは、
これまでにはなかったことに気づくことができないことでしょう。

NLPを学ぶことで、この視点を再認識することができます。

色々とNLPを学べば学ぶほど、
その違いに気づくことができることでしょう。

とてもおもしろいものです。

人生で活かせるコミュニケーション

Date: 15 6月 2012

コミュニケーションについて、学んでいる人が、
本当に増えたとおもいます。

しかし、同時に気づいたことは、
コミュニケーションを学んでも、実際に活用できている人が、
少ない、という事実です。

テクニックでコミュニケーションを学んでも、
結局何も変わりません。



コミュニケーションを学ぶことの目的では、
人間関係の改善ということになります。

または、コミュニケーション能力の向上を通して、
ビジネスの改善といってもいいでしょう。

しかし、この当初の目的が忘れ去られてしまうことで、
本当に大事なことがみえなくなってくることがあるのです。

そして、コミュニケーションを学んでいる人のこそ、
そのような人が多いようです。


実は、私自身も、コミュニケーションを学び始めたときに、
その状態に陥っていました。

NLPを通して、コミュニケーションを学んだのですが、
とても面白いテクニックがありました。

一瞬で、コミュニケーションが円滑になるテクニックなど、
それまでにはなかった世界がそこにはあったのです。

そこで、私は、テクニックに偏ってしまいました。
この状態に陥ることによって、逆に当初の目的を見失ったのです。


最近では、少しづつしっかりとしたゴールをイメージして、
人間関係の向上のためのコミュニケーションを学ぶことができています。


NLPでは、アウトカムと言いますが、
目的を持つことは、とても大事です。

この目的がしっかりと持つことができることで、
成果を存分に発揮することが出来るでしょう。

人の心を勉強すること

Date: 29 4月 2012

「人の心を勉強すること」
この事は、接客業をしている人だけではなく、
多くの人によって必要な事です。

人の心とは、相手の心と自分の心ですが、
この2つを理解することで、これまでにはなかったことに、
気づくことでしょう。

ちなみに、自分の心の理解と相手の心の理解は、
意味が一緒であることが多いです。

どういう意味かをこれから説明していきたいと思います。





自分の心というのは、周りの世界に投影されて、心に響きます。
だからこそ、自分が周りの世界を嫌っている状態というのは、
自分の心を嫌っている状態です。

ですので、まずは自分自身のことを好きになることが、
何よりも大事なのです。

逆に自分自身の事に自身を持つことができないと、
何時まで経っても、いい結果を持つことができないでしょう。

なぜなら、自分の周りの世界は、自分の投影ですから。



NLPセミナーの中で、自分の世界と周りの世界はリンクしていることを
意識し始めました。

正直最初は、何を言っているのか、
さっぱりでしたから。

しかし、段々とその事の意味を理解することができて、
周りの世界に目線を向けるのではなく、自分の目線を向けることが、
大事な事なのだと気づきました。

そうすると、世界は変わり始めます。

NLPトレーナーさんからも、同様の話を聞きました。
そのNLPトレーナーさんは、周りを愛そうとしていたようです。

しかし、実際には違うようです。

自分自身が周りの世界を作っているわけで、
まずは自分自身のことを愛することが大事だと教えられました。

問題が発生した時の初動が大事

Date: 6 2月 2012




接客の場面で、問題が発生した時に、
どのような行動を取りますか?

この時の行動の取り方によって、
物事の結果は変わってくることでしょう。

警察でも消防でも、何よりも大事な事とは、
初動捜査です。

この初動捜査をしっかりと行なうことで、
物事は収束していきます。

それは、接客も同じ事です。


毎日、数十人もの人に接客をしているわけです。
ですので、なにか問題が発生することは言うまでもありません。

問題が発生する中で、何をするか?何を優先するのか?
その事に意識を向けていることで、
いい接客業をすることができることでしょう。

もちろん、色々な側面を持つことができることでしょう。
しかし、その事に気づくことができるようになってくることで、
自分自身の事に気づくことができるようになってきます。

とても大事な事です。

最初の行動は、無意識で起こすものだと思います。
何か問題が発生したときには考えている暇がないからです。

ですので、逆にそのような非常事態の時にこそ、
その人自身のビリーフや信念が出てきてしまうものです。

逆に、接客業のチーフとして、行動を取っているときには、
その事に意識を向けてみるといいかもしれません。

そうすることで、部下のビリーフや信念のようなものが、
見えてくるようになってくることでしょう。

非常事態になってこそ、その人の心の中が、
見えてくるようになっているものです。

自分自身にも当てはめることができますし、
周りの人の行動を観察することにもつながってくることでしょう。



知恵とは、お互いを補完しあう

Date: 16 12月 2011





知恵をひとつ得ることで、これまでにはなかった視点を
手に入れることができます。

それは、接客業でも同じ事です。
もしも、自分自身の視点について、さらに大きなことを
得たいと思っているときには、そのことに気づくことが、
できるようになってくるといいでしょう。

知恵とは、保管し合うものです。

知恵とは、保管し合うもの


この言葉のニュアンスは、とてもわかりづらいものですね。
この言葉が意味するところとは、自分自身の心のあり方にも、
関わってくるものです。

この心のあり方を考えることで、
さらに色々な結論に達することができるようになってくることでしょう。

自分自身が思っている以上に、この知恵の補完性は、
テクニックを助けていることになります。

実際には、気づいてないことが多いかもしれませんが。


わたしが、知恵の補完性に気づいた瞬間


わたしが、知恵の補完性に気づいた瞬間とは、
どのような瞬間でしたでしょうか。
そのことについて語ると、自分のコミュニケーションのために、
学んだNLPでした。

このNLPを学ぶことによって、
そのことに気づくことができるようになってくることは、
とても大事なことだったと思います。

このコミュニケーションの1つとして、学ぶことを始めたNLPですが、
今では、接客業にかなり活かせています。

NLPとは、コミュニケーション心理学ですので、NLPを活かすことは、
とても簡単なもののように思います。

一切に、わたしはNLPを別のことに活かすことが、
できるようになったのです。

とても大事な経験でした。



お客さまの心の状態に注意する

Date: 23 11月 2011





お客さまの心の状態にきづくことができることで、
さらにいい結果を持つことが出来るようになってくる事は、
間違いのないことでしょう。
それは、特に接客業だから言えることです。

お客さまと直に心を接触することになります。
だからこそ、お客さまの心の状態を知るコミュニケーションは、
とても大事です。

コミュニケーション能力を持っている接客を行う人は、
このあたりのことにとても詳しく気づくことができるものです。

人の心はコミュニケーション能力の結果によって、
大きく変わってくるものです。

人の心の状態を知ることができないと、
コミュニケーション能力をたかめることは難しいことでしょう。@


コミュニケーション能力については、いろいろな書籍で書かれていると思います。
しかし、その書籍だけでコミュニケーション能力が付きましたか?


やはり、いろいろな情報が跋扈していますが、
コミュニケーション能力を身につけるには、実践の中で、
繰り返し行なってくしかないのです。

その点では、接客業とは、とてもいいものです。
コミュニケーション能力を上げることが出来る素地が残っているわけですから。

その事にきづくことが出来るようになってくることで、
結果的に、いろいろな事に気づくことが出来ることでしょう。

自分が思っている以上に、そのことを知ることができると、
さらにいい結果を持つことができることでしょう。


コミュニケーション能力の向上の為に、
接客業でいろいろな事に気づくようにしましょう。




年上の接客員とのコミュニケーション

Date: 26 10月 2011





接客とは、コミュニケーション一つです。
そして、一番大変なコミュニケーションでしょう。

そして、特に大変なコミュニケーションは、
年上の方とのコミュニケーションです。

NLPでは、年上の方とのコミュニケーションも、
大切にすることができるようになってきます。

年上の方のコミュニケーションをする際に、
気をつけている事はありますか?

この違いについて知ることができるようになってくると、
いいコミュニケーションが取ることができるでしょう。

年上の方のコミュニケーションとは、
基本的に、色々なところで普通のコミュニケーションと違います。

例えば、正論があったとしても、その事を伝えることをしてはいけません。
この正論を伝えることによって、その人は悪い結果を持つことになります。

そうすることで、これまでにはなかったような事が、
わかってくることができるようになってきます。

決して、正論があったとしても、
年上の方には、その正論をぶつけてはいけません。

その正論をぶつけた瞬間に、
自分自身の成長は、止まってしまうこととなるでしょう。

なぜなら、年上のかたには、年上の方の
プライドがあります。

ですので、年上の人から、そのような事を
言われることは、とても難しい感情になります。

もちろん、一般論として言うのであれば、
その事がわかってくるようになってくるのだ。

その事は、とても大事な事でしょう。
その辺りのことを知ることができると、
いい結果を導くことができるようになってきます。

とても大事な考え方の1つです。





わからないことは、明文化する

Date: 27 9月 2011







仮にわからないことがあったとします。
あるいは、不安に感じていることがあったとします。

その時には、どのような事が解決の糸口になるでしょうか。

その事については、考えてみると思います。

その答えは、NLPの中にあるのですが、さらに簡単な言葉で表現すると、
自分自身の可能性を模索するということです。



わからないことや不安に感じている事の糸口をつかむことができるのは、
自分自身が感じていることを文字にすることです。

その事は、些細な事です。
この些細な事を知ることができるようになってくる事は、
別の視点を持つことができるようになってきます。

文字化することで、どのような変化を持つことができるようになってくるのでしょうか。
それは、自分自身の心の状態をデソシエイトすることが、
できるようになってくるのです。

この事は、大きな違いを産むことになります。


なんでもそうですが、自分自身が感じていることを
可視化することで、これまでにはなかったことが、
できるようになってくることができるのですね。

人間関係での問題点もデソシエイトすることで、
これまでにはなかった視点を知ることができるようになります。

このようなことが、心のなかでも考えることができるのです。
この違いについて、知ることができるようになってくる事は、
とても大きな違いとして、持つことができるようになってきます。

NLPとはこのような事を知ることができま。
面白い転換期だったことを覚えています。